賃貸管理システム選びの
ポイント

日々の賃貸管理業務の中で非効率な部分は意外と多くあります。昔からの習慣でやっている業務だったり、少人数だからできていた業務も、量が増えたり人数が増えてくると難しくなってくる日がきます。
そんな時に役に立つのが賃貸管理システムですが、選ぶときに確認すべき点がいくつかあります。最も大切なポイントは「自社の業務体系に合っているか」ということです。
システムによって使用できる機能は様々あり、管理業務のどこまでをシステムで補えるかはよく確認しましょう。

そこで賃貸管理システムを導入する際に注意すべき点を下記にまとめてみました。

  • 自社に必要な
    帳票出力があるか
  • 機能や想定規模が
    マッチしているか
  • 各種ポータルサイトと
    連動し広告出稿できているか
  • サポート対応の質や
    スピード感

あとは管理業務以外でどこまで対応できるかも大切です。
賃貸管理システム、自社ホームページシステム、顧客管理システムなどそれぞれ別のシステムを使っていると、同じ情報を二度三度と打ち込む手間やチェックする手間は変わりません。せっかく賃貸管理業務をシステム化したなら集客/募集業務、顧客管理業務まで一括管理して効率化を図りたいですよね。
今は管理戸数が少なくて全体の業務が簡単でも、徐々に管理物件も増え会社全体として業務のシステム化を考えた際に、必要な機能に対応していないためにシステムを変えなければならないのでは、それまでの苦労が水の泡です。
最初から将来の会社の成長も視野に入れた賃貸管理システム選びを意識してみてください。

賃貸管理システムを
選ぶにあたっての注意点

  • POINT1

    シンプルで使い勝手がよいか

    導入の始めでつまづいてしまうポイントがこれです。どんなに高機能でも使いこなせないと意味がなく、また現場の人に本当に使ってもらいやすいものなのか確認しましょう。

  • POINT2

    サポート体制の充実度

    システムを初めて使う会社様や乗り換え後の会社様に気にしてほしいのがサポート体制について。特に管理業務は関係者様の大切な情報を扱うからこそマニュアルやサポート体制の充実度も要確認です。

  • POINT3

    管理業務以外も一元化できるか

    せっかく管理機能を導入してもその他のシステムと併用していては業務量が変わらないなんてこともあります。管理業務以外の部分もトータルで効率化できるものなのかチェックしてみてください。

おすすめの賃貸管理システム

  • いえらぶCLOUD

    関係者・物件・入金まで全ての管理業務に対応!集客/募集業務まで対応でき遠方へのサポート体制も万全。

  • ESいい物件One

    仲介側の機能も多く、連動やホームページも一括で依頼可能。ただし機能と共にボタンが多いため慣れるのに時間が必要。

  • 賃貸革命

    操作のわかりやすさと手厚いサポートが特徴で初めてソフト導入をお考えの方におすすめ。

  • いえらぶCLOUD

    関係者・物件・入金まで全ての管理業務に対応し管理業務を70%削減することができます。賃貸管理機能だけでなく、顧客管理からポータル連動、ホームページ作成まで一元管理できるのも人気の理由です。